葬式で焼香をする際の基本的な方法

葬式に参列する前に必ず知っておきたいのが焼香を行う正しい方法です。
葬式の中で僧侶による読経が始まると、最初に遺族、その後に参列者による焼香が行われます。
基本的な焼香の際のマナーは、まず祭壇の前に進み出て、故人へ一礼次に遺族へ一礼をしてから焼香を始めます。
立ち焼香の場合は、まず左手に数珠を持ち、香を右手の3本の指でつまみます。
そして香を押しいただき、香炉の中に落とします。
この流れを宗派によって多少の違いはありますが、1~3回程度繰り返します。
最後に合掌してから故人、僧侶、遺族の順で再び一礼してから自分の席に戻ります。
次に回し焼香の場合は、隣の人からまわってくる焼香を黙礼してしっかりと受け取ります。
そして故人に対して一礼し、焼香を行います。
最後にもう一度一礼してから静かに隣の人に香炉を回します。
香をおしいただく回数は宗派によって異なっているので、参列する前にどのような宗派なのかということをあらかじめ確認しておくことも大切です。

ご近所の方をお呼びして世田谷区内で葬儀を行いたいというお方は
無理なく参列できますよう葬儀場をお選びします

式場という制限の中最大限の希望を取り入れた葬儀を
グランドセレモニーが行います

通夜式を省いた一日葬
が練馬区で根付いています

http://www.grandsougisya.co.jp/kawaguchi.html
⇒葬儀社のリンク

葬式関連ページ

更新情報ページ

無宗教のお葬式に慣れている業者を選ぶ

お葬式の生前予約と契約について知っておこう

お葬式を生前契約するときの注意点

葬式に関して考えることによって

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

葬式で焼香をする際の基本的な方法
葬式